大牟田市手鎌地区公民館のサークル「手鎌スマホ会」にて、11月1回目の活動を行いました。今回は、NHKのニュースアプリの使い方や、バッテリーの消費を抑える工夫について学んでいきました。

Wp 4

はじめに、災害時に便利なLINEの使い方についておさらいしていきました。大事な情報は「アナウンス」で目に付くようにしたり、安否の情報を「ステータスメッセージ」で伝えたりといった機能を見直していきます。

Wp 3

なお、災害の発生後には信憑性の低い情報も多く飛び交うことが考えられます。確証のある災害情報を入手するために、普段からNHK ニュース・防災アプリの扱いに慣れておくと便利です。

Wp 2

また、後半ではバッテリーの消費を抑える方策について学んでいきました。バッテリーセーバーや機内モードといった設定のほかに、画面の明るさも電力消費に影響してきます。特に有機ELディスプレイを搭載した端末の場合、「ダークモード」の表示設定によって一層の節約が見込めます。