大牟田市倉永地区のサークル「ラインクラブ」にて、11月1回目の活動を行いました。今回は、災害時のLINEの活用法について学んでいきました。

Wp 2

はじめに、LINEに最近備わったOCR機能の使い方をおさらいしていきました。カメラで撮影した画像から素早く文字起こししてくれるので、書類を共有する際にはたいへん便利です。

Wp 3

次に、災害時に役立つLINEの機能を確認していきました。大切な情報を保存したり目立たせたりする機能として

  1. Keep
  2. ノート
  3. アナウンス

といった機能が備わっています。

Wp 1

自分が被災地域にいる場合には、安否を伝えることも大切です。「ステータスメッセージ」を編集することで、自分の現状をLINEの友だちに広く伝えることができます。